賢い土地活用

土地の売却と買い手

土地の売却と古家の活用

土地を売却するということは、マンションなどを売却するよりも難しくなります。買い手が土地を購入する際の判断基準が乏しいため、検討材料を多くするために、ハウスメーカーや工務店などが、その土地の形状にあった参考プランを作成してもらうことができますが、紙面上だけでは判断が付かないということも多くあります。
マンションや戸建ての場合には、判断基準となる実物を見ることができるので、このため購入する側にとって判断基準が分かりにくい土地の購入は難しくなってしまいます。
土地の売却と古家の活用 判断材料として、古家を利用するというセンタj句詩があります。同じ規模の建物を建築するとは限りませんが、違いがあるということを認識した上で、日当たり具合や室内の質感、隣地との圧迫感などの情報で、参考プランの紙面から受ける情報よりも購入する相手に与える情報は多くなるため、アプローチが広がることに繋がり、これから購入する人がより購入しやすいようにすることができます。

土地と売主と買い手

土地の売主が企業であった場合、そこを売ることによって資金を手にすることが可能となります。他方で売主から土地を購入した買い手は、そこを手に入れることによってビジネスのための資産にすることができます。
具体的に言えば、メーカーが使っていた工場の用地をバス会社が買い取っていきます。
これによって、メーカーはバス会社から売却によって手にした資金を得られます。他方でバス会社はそこに、バスの拠点を設置すると同時に駐車場や駐輪場を備え付けます。それによって、自動車や自転車に乗っている人をバスの利用に促していくことができます。
さらに土地に余裕がある場合には、バス会社はコンビニエンスストアを誘致しておきます。これによって、バス利用者の待合所兼補給場所を設けることができます。
しかもバス会社はコンビニエンスストアの建設費用を負担する必要はないのです。その上、コンビニエンスストアによる使用料金を稼ぐことが可能となります。


ページトップへ
コピーライト