賢い土地活用

買い方のパターンと見積もり

土地の買い方のパターンとは?

買い方のパターン その買い手によって、土地の買い方というものにも違ったパターンがあるわけです。
一般の人が家を建てるために土地を買うというような場合には、不動産業者を介して売り出されている用地を購入する、という形であるのが普通でしょう。一般の企業が事業用の用地を購入するといった場合にも、個人の場合と基本的には同じパターンでしょう。
また、政府や地方自治体といった行政機関が、必要とする用地を取得しようとする場合であっても、やはり何らかの形で不動産業者を介した購入、ということになるのではないでしょうか。
一方、不動産業者が転売するために土地を購入するといった場合には、その売り手を広く募集して、希望者から買い上げるといった買い方をするわけです。
すなわち、土地の買い方というものは、大きく分けるならば不動産の流通を扱っている不動産業者と、その他の者とでその形態が異なったものになる、ということが言えるのではないのでしょうか。

土地の見積もりをすることとは?

何らかの用途で土地を利用しようとする際には、そこが用途に適したものであるのかどうか、見積もりをすることになります。
そうした場合には、その土地の形状が用途に合っているものなのかどうか、見積もりすることになるわけですが、その形状というのも平面上の形状だけではなく、その面が平らであるのか斜めであるのか、あるいは上下のあるような地形であるのか、というようなこと全般について調査することになるわけです。
というのも、面積は同じであっても、全く平らな地形である用地もあれば、斜めになっているところであったり、上下のあるような用地である場合もあるために、その用地が目的の用途に適っているのかどうかは、詳しく実地に調査してみなければわからないからです。
平面上の形状であれば、図面だけでも確認することができるわけですが、その地面が平らであるのか斜めになっているのか、でこぼこがあるのかといったことは、図面だけでは確認できない場合もあるわけです。


ページトップへ
コピーライト