賢い土地活用

土地トラブルと注意点

土地に新築住宅を建てる時の注意

新築住宅を建てる時の注意 土地を購入して新築住宅を建てる場合には注意することがあります。
土地には種類があり、住宅を建てることができるものとできないものがあるため購入してから住宅を建てられないことがわかることもあります。近い将来、道路をつくる計画がされていることもあるので、区画整理の対象になっていないか確認が必要です。
また接している道路が公道ではなく私道のこともあり私道は個人の所有物であるためトラブルの原因となることがあるので接している道路の所有者は調べておく必要があります。私道の場合は通行の許可などを取る必要があり、別途費用がかかります。
隣の家の下水管やガス管が通っていて建物が建てられないこともあるので、価格が安い場合には注意が必要です。住宅用として販売されている土地には建築条件付きというものもあり、決められた期間中に特定の業者と建物請負契約を締結する必要があります。建築業者が決められているため好きな業者で住宅を建てるということができなくなります。

土地にまつわるトラブルの原因

土地に関するトラブルは、親族間で発生することが多く、長く禍根を残す問題となっています。
親の世代が購入した頃には格安であったものが、都市化による地価高騰の影響で、高値な財産へと変化することもあります。価値が低ければ見向きもされないことがありますが、高価であれば相続争いの種になります。
土地のトラブルを相続で引き起こさないためには、遺言を残しておく必要があります。自筆証言遺書では効力について心配があるために、公正証書遺言にして残しておくことが推奨されます。争いを起こさないために、親族間で話し合いは常に行うようにして、ときには誰かが妥協する柔軟性も必要になります。
土地を使わずに放置している場合には、雑草の管理が悪いと苦情が寄せられるようになります。あるいは、近所からのゴミが飛散してきてトラブルになることも珍しくありません。
空き地の管理は高齢者にとっては大変ですが、支援してくれる業者の助けも借りて、問題を回避していくことが懸命です。


ページトップへ
コピーライト