賢い土地活用

土地にかかる固定資産税

土地の購入には消費税がかかりません。

土地の購入には消費税がかかりません。 不動産を売買するには、いろんな知識が必要とされてきます。
特に土地に関しての売買については、建物と違って消費されるものではないので非課税になるという事を知っておいたほうが良いでしょう。
簡単に一口で云うと、土地の取引は資本移転の一種という考え方である為、消費税は課税されないのです。ただし例外もあるという事を覚えておいたほうがいいと思います。
1ヶ月未満の貸付や駐車場などの施設利用によって土地が使用された場合は、非課税取引にはあたらないのです。土地の売主から仲介業者を通さずに直接購入した場合は非課税なのですが、仲介業者を通すとその仲介手数料に消費税がかかってきます。
仲介料は時間や労力を消費しているので、消費税がかかるという事なのです。支払い総額の請求書を受け取った時に、これ等についてよく理解しておく事が大事だと思います。
あいまいな知識で業者と取引をしてしまわないように、納得いくまで質問して理解した上での購入をお奨めします。

土地などの不動産にかかる固定資産税

自宅用や投資用に土地や家屋などの不動産を所有しているとかかる税金に固定資産税というものがあります。
これは、1月1日時点で資産を所有している人に賦課される税金で、毎年支払をする必要があります。
土地と家屋にそれぞれの計算方式で税金が計算され、納付の義務を負うものですが、特に大きな資産を持っている家庭では、かなり大きな負担となってしまいます。
もし、自宅用ではなく土地を放置している家庭があるなら、これは固定資産税の税額を考慮するうえでとてももったいないことです。というのは、たとえば投資用に運用をすることで税率を軽減してもらうことができるからです。
コインパーキング事業など、事業をすることで税金を軽減することができ、しかもその事業における経費として税額を処理することができるので、大変お勧めです。
コインパーキング経営は、結構大掛かりな印象を持たれがちですが、信頼できる業者であれば大変手軽に開始することのできる投資ですのでお勧めです。


ページトップへ
コピーライト